MENU

公式ブログ

生活保護は断るべき?

2021.05.13

当社では今現在、オーナー様より空室募集の依頼を、一部屋のみお預かりしています

お預かりしていたお部屋は、3月までにほとんどが決まってしまいました

4月以降はお問い合わせのご連絡は格段に減りましたが、それでも空室確認のお電話は毎日のようにいただきます

 

空室確認のお電話の際、生活保護の方は大丈夫ですか?と聞かれることがあります

最終的にはオーナー様が入居の可否を決めますが、オーナー様から断るよう伝えられていない場合は、大丈夫ですとお答えしています

大丈夫と言っても、それだけでお断りをするようなことはありませんという意味です

 

もし私がお部屋のオーナーであれば、生活保護という理由だけで、断ることは絶対にしません

生活保護の方は、敷金や礼金などの初期費用も自治体が支払ってくれます

家賃の上限があるので、すべてのお部屋が可能とは言えませんが、そのあたりは空室確認をする業者様もご存知です

ですから募集家賃と大幅に相違している場合、お部屋探しが生活保護の方でしたら、空室確認はしてきません

 

当社が管理しているお部屋で、生活保護の方がいらっしゃいます

高齢者ではありますが、とても元気で、会話もしっかりされています

家賃の滞納もありませんし、更新契約の際も、毎回スムーズなお手続きを行わせていただいております

 

もし、過去に嫌なご経験をされた等で、生活保護の方はいつも断っているのでしたら、一度受け入れてみてはいかがでしょうか

もちろん、年齢などの条件もあるともいますが、生活保護というだけで、お断りするのはもったいないと考えます

当社は、代表の携帯に直通で、ご対応させていただきます。

不動産に関するご相談やご質問等ありましたら
代表(田中)の携帯:070-5366-3664
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問合せお待ちしてます。

お知らせ

当社「ファースト株式会社」にてフェイスブックをやっております。
お時間があったらのぞいてみてください。
記事の内容が良ければ、いいね!ボタンを押していただけると励みになります

公式LINE 友達追加
YouTube
公式BLOG

物件を探す

不動産のあれこれ

BLOG ファーストのワークライフ
TOP